散水器具選びにお困りの方のためにマンガでわかりやすく解説しています

散水スプリンクラードットコム

HOME 商品一覧 お客様の声 メディア実績 問い合わせ
散水スプリンクラードットコム>マンガ「散水機具の安易な選び方は危険」
  こんにちは 15年で2000件以上、散水のテマを省く機器の紹介を続けてきました。
スプリンクラー選定士の浅野善之です。このページではお客さまのよくある声を元にマンガで解説させていただきます。同じような経験をしている方からの問い合わせが続々と集まっています。
(マンガ)
こうすればうまくいく! 
正しい散水器具の選び方
~安易な選び方は危険です~
 

いかがでしたか?散水器具は知識のない人が適当に選ぶとこんなことになります。
落とし穴にご注意ください。
一度、散水専門会社の弊社までお問い合わせくださいね。

三光産業株式会社 スプリンクラー選定士 浅野善之

 それではマンガの中で、みなさまが疑問に思う点について回答します。
●質問: 散水器具はどのように選べばいいのでしょうか?
回答:
散水を考えている敷地の広さに対し、どのようなシステムで散水するかを決めることが大切です。
ホースを使うのか、全自動で散水するのかだけでも全く使う機具が変わります。
その後に、広さに合った機種を選び設置場所を決めて行く流れになります。

●質問:販売会社はどのように選べばいいのでしょうか?
回答:納入実績が多くや創業年数の長い散水専門の会社を選ぶとよいでしょう。各社のホームページの「会社概要」「納入実績」のページを見比べて50年以上の歴史があるかを調べるのがコツです。
弊社は創業52年をむかえた散水専門会社ですが、日々新しい散水ノウハウを更新しています。
更に、現場で決まれてしまう予算の中で、最も効果の出る器具の組み合わせパターンを膨大にストックしています。なのでご予算のムダ使いを防ぐことができます。お客さまの質問にすぐに回答できるのでお時間をムダにしません。 

●質問:どのような人が問い合わせされていますか?
回答:
・教育委員会・役所の施設担当者。
・学校の先生。
・建設関係の機材の販売会社の人。
・設計会社の設計見積担当の人。
・設備会社の工事担当者。
など法人関係者が多いです。

●質問:電話相談や見積はお金がかかりますか?
回答:いいえ。無料です。
東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城県内では現地に伺って機種を選んだり、散水のデモンストレーションも無料で行っています。その他の県はご相談ください。業者様には卸売も致します。(取引条件あり)

 手早く現場にピッタリあった散水機具を選び、見積を依頼する方法
 ■電話・FAX・問い合わせフォーム(メール)の3つの方法があります。
電話  0120-358-317まで電話し、「ホームページを見た。散水について相談したい」と伝えてください。通話料も無料です。
 FAX   現場の図面がある場合は03-5443-8556までFAX送信してください。
問い合わせ
フォーム
 チラをクリックしてご記入ください。
※図面をメールしたい場合は、先にコチラへメールしてください。現場に設置してある蛇口の画像をメールいただいてから問い合わせいただくとスムースにお話がすすみます
◎現場に伺い出張無料見積致します。散水の実演も可能です。

(※現場への出張無料見積サービスは東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・山梨・静岡県内限定です。状況によってお断りすることもあります。)

実際に現場で散水機をお見せします

散水スプリンクラードットコムHOMEに戻る このページのトップに戻る
散水スプリンクラードットコム』 三光産業株式会社   散水相談フリーダイアル 0120-358-417
◎このサイト(http://sprinkler.jp/ )はリンクフリーです。
copyright
(c)2006 sankosangyo,Inc.(info@sankosangyo.jp) All right reserved