散水スプリンクラーの定期メンテナンス契約についての解説ページです。 
 担当:浅野 定期的に伺い散水機器のメンテナンスを行う保守管理契約についてです。(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・
         茨城・栃木県内)
見積・相談は無料です。

〒106-0047東京都港区南麻布2-4-7 電話03-5443-8558 Fax03-5443-8556 三光産業株式会社 >>
>問い合わせフォーム
 HOME  商品一覧  お客様の声  メディア実績  問い合わせ
 散水スプリンクラードットコム>定期メンテナンス契約
HOME

はじめに

このサイトの使命

初めての方へ


どのように散水されるの?

購入方法について

設置工事・故障修理について


自分で設計したい方へ


会社概要

個人情報の取扱について

無料見積>>

■初心者歓迎!
散水機器選定お願い
フォーム


散水ブログ
散水スプリンクラー110番

究極の散水スプリンクラー
を求めて


公式Facebook

お客様の声

お客様の声・声・声!

驚愕の納入実績

散水現場の画像

メディア実績


お役立ち情報

よくある質問。一発解決!

散水システムの設置コスト

散水設備を安価にするには

スプリンクラーを10分で選ぶ

スプリンクラー性能表の見方

ホース口径の調べ方

配管の選び方

ポンプ選定のやり方

卒業記念品向け散水機

レンタルあります

定期メンテナンス契約


取扱商品

埋設式散水システム
  ├埋設式ポップアップ
  └スプリンクラー


ベンチ式散水システム
  └ベンチ〔腰掛〕式
   スプリンクラー   

立上式散水システム
  ├スーパースプレーガン
  ├ペロットスプレーガン
  ├スプレーガン
  └スプリンクラー 
 
万能スプレーノズル

着脱式散水システム
  └ライザー管付
   スプレーガン

移動式散水システム
  ├スプレーガン付四輪台車
  ├スーパーライトレイン
  |四輪台車
  ├ライトレイン二輪散水車
  ├簡易式ベースセット
  ├ハンドキャリースプレーガン
  └ホース巻取機

屋根散水システム

校庭グラウンド
散水システム

暑さ対策システム

防塵対策・防塵処理
  散水システム

雨水利用散水システム

太陽光パネル冷却散水

融雪・消雪
 スプリンクラー

緑化散水
 システム

SANKO式鉢用
 散水システム

散水ノズル
  └ハンドスプレー

散水栓・補助散水栓
  ├ボールバルブ付
  |カプラーバルブ
  └ライザー管付
   ホースジョイント

散水ホース
  ├スーパーケミカルホース
  └グリーンホース 


マンホール・ボックス
  ├ゴムカバー付
  |マンホール
  ├ゴムカバー付
  |カプラーボックス
  ├ゴムカバー付
  |バルブボックス
  ├人工芝付
  |マンホール
  └人工芝付
    バルブボックス

カラーゴム付き

マンホール・ボックス
  ├アンツーカカラー
  |ゴム付マンホール
  ├アンツーカカラー
  |
ゴム付カプラーボックス
  ├グリーンカラーゴム
  |付マンホール
  ├グリーンカラーゴム
  |付カプラーボックス

散水制御・散水タイマー
  ├散水操作盤
  ├散水タッチパネル
  ├コントローラー
  ├レインコントローラー
  ├電池式コントローラー

  ├散水オンオフ制御盤



散水用電磁弁

感熱自動開閉バルブ

エンジンポンプ台車

モーターポンプ台車

噴水


折りたたみ式
 万能貯水タンク


資料請求

資料請求(全国対応・無料)


カタログ・納入仕様書・図解・ダウンロード

製品カタログを見る

納入仕様書・CADデータ

図解で簡単設計!

「散水プラン図解集」CAD


購入方法&相談

問い合わせ

工事業者大募集!

散水機を販売しませんか?


取材依頼

取材申込みフォーム

 
いつも安心定期メンテナンス契約
散水スプリンクラーを保守します
いざというときに困らないために

「すぐに散水したいのに使えない。」そのようなことが無いように継続的にメンテナンスをすると、故障のときにかかる無駄な修理費が、かかりません。
定期点検では、スプリンクラー内部の重要ポイントを検査し、調整を行います。消耗部品を交換するなど最高の状態を保ち続ける調整をすることによって破損や不具合を未然に防ぎます。定期メンテナンスをおすすめする理由はそこにあります。※防火用スプリンクラーは行っておりませんのでご注意ください

散水スプリンクラーの保守メンテナンス
散水スプリンクラーの定期メンテナンスって何をしてくれるの?
●下記の作業を行います。
・スプリンクラー内部の土砂の除去
・外見検査
・内部洗浄
・グリスアップ
・調整
・動作チェック
・消耗部品の交換(必要な場合)
※部品交換を行う場合には実費をいただきます。
散水スプリンクラーのメンテナンス契約に迷ったら
定期メンテ契約するべきか、しないべきか。迷った時に読んでご判断ください。
● 長持ちさせる方法は機械も同じ

どんなに丈夫な機械でも摩耗は避けられま
せん。スプリンクラーは夏に使用頻度が増
え、冬にはあまり使用しないというお客さまが
大変多いです。
これは普段運動をしない人が、いきなりフル
マラソンを走るようなもの。しかも風・雨にさ
らされています。機械本体にとっても厳しい
使用環境です。
故障予防を行い、常にベスト状態に保つこと
が使用年数を伸ばす最良の方法。日々体の
メンテナンスする人が長生きできるのと同じこ
とです。

 ●修理が必要な時も安心です

散水機はスプリンクラーだけでは水は飛びません。ポンプ、配管、制御装置などが複雑に組み合わさり構成されています。各々がどこのメーカーの製品か、月日が経つと分からなくなることが多いものです。ポンプが動かない、配管の破損など「スプリンクラー本体以外」での修繕が必要な場合でも修理の対応等を行います。
(但し実費負担)
 ●専門技術者が伺います。

専属の担当者を決めますので、現場に設置されている機器の状態を把握します。
毎日、散水機器に触れている技術者が伺います。部品の交換時期を的確に見極め、振動・音・散水状態などからも異変を感じとります。その機器のベストの状況を判断するアドバイザーの役割も担います。
 ●無駄な出費がありません

症状が現れる前の小さな破損を放置していると致命的な大きな破損に繋がってしまう場合があります。メンテナンスを行うことによって無駄な出費に繋げないようにすることが経費節約となります。万が一、本器が全損のようなことが起こっても特別価格にて交換致します。
 散水スプリンクラー定期メンテナンスの内訳
 ●定期メンテナンス契約は、現在のところ一都六県内のみ募集しております。
 その他のエリアはご相談ください。
 散水スプリンクラー定期メンテナンスおすすめ対象商品
 散水スプリンクラー定期メンテナンス・保守メンテナンス2
 《対象モデル》
VP2LVZR22LVZE22LVZA22LVZX30
 《対象モデル》
LP-VP2
LP-LVZR
 散水スプリンクラー定期メンテナンス・保守メンテナンス3
 《対象モデル》
P1ZOVZN23P2SSSGPSGGSGSG50SG40
 《対象モデル》
ZN-4WRP1-4WR
P2S-4WS
   
散水スプリンクラーの定期メンテナンスをするメリット 
散水スプリンクラーを購入後に、この契約をした場合のお得な理由を解説します 
 ●大きな出費を減じます。

最高のメンテナンス技術によって故障予防を
行うことができます。全損に繋がる出費を防
ぎます。
 ●不具合対応の費用は無償

契約期間内における故障等による部品交換工賃
は無料となります(部品代金は実費)
 ●費用の予算取りが容易

定額をお支払い頂くことで保守費用を平均化
することができます。一度に多額な費用を用意
する負担がありません。

 ●優先的な対応を致します。

予め伺う日時の打ち合わせをさせていただき、
ご都合の良い日程にお伺いします。優先的に
対応させていただきます。
●点検カルテを作ります

スプリンクラーの状態を診断したカルテを作り
ます。点検作業の報告書を作成しますので
記録が残ります。


   
 
関連リンク: 散水・スプリンクラーの三光産業 スプリンクラー販売センター 灌水ドットコム
剪定はさみドットコム 芝生ナビ 造園業者リンク集
  ◎このサイト(http://www.sprinkler.jp/ )はリンクフリーです。
copyright
(c)2006 sankosangyo,Inc.(info@sankosangyo.jp) All right reserved